バンダイナムコ一覧

”「SCARLET NEXUS」発売直前! 魅力大解剖!スペシャル生配信”

「SCARLET NEXUS」発売直前!豪華ゲストを迎えてスペシャル生配信!6月24日(木)ついに発売を迎える「SCARLET NEXUS」の魅力を大解剖!【出演者】嶺内 ともみさん(ハナビ・イチジョウ役)河西 健吾さん(シデン・リッター役)飯塚啓太プロデューサー(バンダイナムコエンターテインメント)穴吹健児ディ...
86TVより引用

”「バーチャファイター」に受け継がれる哲学――不定期連載「原田が斬る!」,第8回はセガ・青木盛治氏にVFシリーズの未来を聞いた”

 鉄拳シリーズのプロデューサー・原田勝弘氏による対談企画「原田が斬る!」の第8回をお届けする。今回の対談相手は「Virtua Fighter esports」のチーフプロデューサーを務める,セガの青木盛治氏だ。11年の沈黙を破って登場したシリーズ最新作について,じっくり訊いてみた。
4Gamer.netより引用

”「SCARLET NEXUS」はテイルズ オブのチームが自発的に始めた企画から生まれた。 “超脳力アクション”の誕生やこだわりに迫る開発者インタビュー”

 バンダイナムコエンターテインメントは2021年6月24日,新作アクションRPG「SCARLET NEXUS」を発売した。本作は,脳の特殊な力“超脳力”にフィーチャーしたタイトルだ。今回4Gamerは,プロデューサーとディレクターにインタビューを実施。念力を中核としたアクションがいかに生まれたのかを聞いた。
4Gamer.netより引用

”「僕のプロデューサーになってくれないか」──劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、一度挫折したアニメ監督と『テイルズ オブ』Pが「本当にやりたいこと」を貫く逆襲の物語だった”

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』の監督・平尾隆之氏と「発起人」である『テイルズ オブ』Pの富澤祐介氏に、二人の出会いやことの経緯、なぜ『映画大好きポンポさん』というネット上の漫画がいきなり劇場アニメ化されるという話に至ったのか?など様々なことを聞いてみた。
電ファミニコゲーマーより引用

”バンダイナムコスタジオCTOジュリアン・マーセロン氏が語る「社内のモノづくりと技術を進化させなければならない」【ファミキャリ!エージェントが聞く】”

バンダイナムコエンターテインメントの子会社として2012年4月2日に設立された開発スタジオであるバンダイナムコスタジオのCTOジュリアン・マーセロン氏にインタビューを実施した。
ファミ通.comより引用

”『シャニマス』3周年記念! 制作プロデューサー・高山祐介氏インタビュー。新ユニット“シーズ”やライバルアイドル“斑鳩ルカ”、運営4年目に込める想いとは”

2021年4月24日に3周年を迎えた、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の制作プロデューサー・高山祐介氏へのインタビューをお届け。
ファミ通.comより引用

”コロナ禍の中,ゲーム開発はどう変わったか。バンダイナムコスタジオが語る,これからの働き方とは”

 2019年の終わりから,世界全体を巻き込んで広がった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。ゲーム開発の現場も,2020年以降の感染拡大や緊急事態宣言を受けて,変化を強いられた。コロナ禍によってゲーム開発の現場がどう変わったのかをバンダイナムコスタジオに聞いてみた。
4Gamer.netより引用

”データドリブンとモジュール性に貫かれた『BLUE PROTOCOL』のAIフィロソフィー”

2020年11月20日、DeNA主催のゲームクリエイター向け座談会「Game Developers Meeting」において、現在開発中のオンラインアクションRPG『BLUE PROTOCOL』に関する勉強会が行われまし
モリカトロンAIラボより引用

”好きなことに真摯であれ~「日本一の泣き虫プロデューサー」バンダイナムコスタジオ小澤至論氏が語るキャリア論”

若者が過度に失敗を恐れるようになった、と言われて久しい。その背景にあるのがSNSの普及とネット炎...
CGWORLD.JPより引用

”【インタビュー】BXD手塚社長が振り返る「enza」躍進の背景…プラットフォーム運営会社からIPエンターテイメントハブ会社に進化へ”

2019年のモバイルゲーム市場を見ていくと、大きなトピックスの一つとして、BXDの提供するHTML5プラットフォーム「enza(エンザ)」の躍進があげられるだろう。このサービスは、バンダイナムコエンタ...
Social Game Infoより引用