ワーク&ライフ一覧

”20歳の若さでヒットを飛ばし独立するも、社長業に追われゲーム作りから離れてしまい、「一緒にゲームを作ろう」と志を共にした親友とも決別。ゲーム会社の社長なのに10年近くゲーム制作から逃げていたが、海外ファンからの熱いラブコールに押され、齢57にしてUnityもバリバリ使いこなし現場の第一線に復帰した開発者の話”

ファミコン以前のアーケード時代から第一線で活躍を続けると同時に、黎明期からゲーム開発会社の経営者として業界を戦い抜いてきたゲーム開発者である西澤氏は、50歳を超えた現在もなおフリーランスのゲームクリエイターとして、自らUnityを用いてゲーム開発を行っている。そんな西澤氏の40年に渡るゲームクリエイター人生の紆余曲折に...
電ファミニコゲーマーより引用

”セガサターンとふり返るあの時代① セガサターン発売”

■執筆者 奥成洋輔さん #連載 #セガ #セガサターン 日本のゲーム史において、世代が変わるたびに何度も行われてきた家庭用ゲーム機のシェア争い。中でもソニーの「プレイステーション」とセガの「セガサターン」による争いは「次世代ゲーム機戦争」と呼ばれ、最も白熱した戦いが繰り広げられた。この連載では、長年独自ハードを開発・販...
ミライのアイデアより引用

”国内スマホゲーム隆盛の立役者・岡本吉起氏と森下一喜氏が,業界やゲーム開発のこだわりを語った「黒川塾 六十九」をレポート”

 トークイベント「エンタテインメントの未来を考える会 黒川塾 六十九(69)」が,2019年5月31日に東京都内で開催された。「モンスターストライク」の岡本吉起氏と,「パズル&ドラゴンズ」の森下一喜氏という,スマホゲームのヒットメーカーが登壇したイベントの模様をレポートしよう。
4Gamer,netより引用

”岡本吉起インタビュー「モンスト」の開発に参加。どん底からの起死回生とゲーム業界の未来”

ゲーム業界の全てを知り尽くした著名クリエイター・岡本吉起さんにインタビュー。「モンスター・ストライク(モンスト)」の開発秘話やゲーム業界の未来について大いに放談していただきます。
CLIPより引用

”ゲームプロデューサー岡本吉起氏が語るゲームへの熱情”

WHAT's IN?より引用

”大ヒット「モンスト」生みの親、借金2ケタ億円でゲーム業界から消えていた過去とドン底人生”

数あるソーシャルゲームの中でも、トップクラスの人気を誇る「モンスターストライク」。同ゲームの開発・発売元は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「...
Business Journalより引用

”『DOOM』を生み出したゲームデザイナーはいま、「禁酒法時代のゲーム」を家族や子どもたちと作っていた! マフィアシミュレーションゲーム『エンパイア・オブ・シン』の開発経緯を聞く”

『Apex Legends』、『Call of Duty』、『Left 4 Dead』、『Battlefield』……。現在、ゲームのメインストリームを支配するジャンルのひとつである一人称視点シューターこと「FPS」。そんなFPSの黎明期の絶対的代表作として名高い『DOOM』のゲームデザイナーとして歴史に名を残したのが...
電ファミニコゲーマーより引用

”スクウェア・エニックス齊藤陽介氏を唸らせたサイゲームスの“最新技術を生み出す姿勢”とは?”

サイゲームス設立10周年を記念して、同社のスゴさを知る業界関係者にインタビューを実施。本記事では、スクウェア・エニックス取締役執行役員である齊藤陽介氏にお話を伺った。サイゲームスと交流を持つようになった意外なきっかけや、同社の技術力、会社としての体制など、さまざまな切り口で語られたインタビューの全容をお届けしよう。
ファミ通.comより引用

”『ファルコニア』の開発者トーマス・サラ氏に聞く。オープンワールドの世界をファルコンが自由に飛び回って冒険するアクションRPGができた経緯は……”

2021年8月5日に、3gooよりNintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox One向けに『ファルコニア ウォリアー エディション プレミアムパック』が発売されるのを記念して、同作を開発するゲームデザイナーのトーマス・サラ氏にインタビューを実施した。
ファミ通.comより引用

”インディーゲームの過去と未来を“プレステ視点”で紐解く ― 『風ノ旅ビト』が生まれた背景から『デススト』はインディーゲームなのか?まで【インタビュー:SIE吉田修平】”

吉田氏から見たインディーゲームの定義や魅力、そしてもう少し踏み込んだ話題として、ゲーム開発が大規模化することで、ゲーム制作者たちは何を失い、インディーゲームは何を取り返したのかなど、吉田氏ならではの視点からさまざまなお話を伺った。
電ファミニコゲーマーより引用