ローカライズ一覧

”中国の有志翻訳事情に迫る“ParaTranz”管理人Bruce氏インタビュー「ParaTranz以前の翻訳作業は驚くほど原始的でした」【有志日本語化の現場から】”

海外のPCゲームをプレイする際にお世話になる方も多い有志日本語化。今回は視点を変え、中国の有志翻訳事情に迫ります。日本の有志翻訳にも使われる翻訳プラットフォームParaTranzの管理人であり、公式翻訳も手がけた経験を持つBruce氏に話を訊きました。
GameSparkより引用

”「シノギ」を英語で言うと何? 主人公の春日一番の名前はローカライズすると“ナンバーワン”? 『龍が如く』欧米版ローカライズプロデューサーに日本文化、極道世界をどう翻訳したのかを聞いてみた”

『龍が如く』は極道世界に生きる人々の生き様が描かれているタイトル。日本独特のカルチャーをどのようにローカライズしたのか? また、「カシラ」、「シノギ」といった、任侠世界の用語はどのように翻訳されているのかなどは、気になるところだろう。
電ファミニコゲーマーより引用

”【Indie Japan Rising】国産インディーゲームがクラウドファンディングに成功!『九十九神』開発者&ローカライズ会社インタビュー”

昨今のゲーマーなら海外のインディーゲームの盛り上がりを知らない人はいないだろう。今年のGDCで『Journey』が数々のアワードを獲得したのは記憶に新しい。今や海外のゲームにおいてインディーは既にメインストリームだと言ってよい。『九十九神』のデベロッパーである
GameSparkより引用

”開発者や声優陣が登場!『Call of Duty: Black Ops 2』発売直前パーティーレポート”

スクウェア・エニックスは、いよいよ11月22日に字幕版が発売されるPS3/Xbox360/PCソフト『 Call of Duty: Black Ops 2 (コール オブ デューティ ブラックオプスII)』の発売直前記念パーティーが品川インターシティホールにて開催しました。開演と同時に本作のトレーラ
GameSparkより引用

”【インタビュー】ファンタジー世界は「攻略」から「経営」へ…発掘から5ヵ月!『ロード・オブ・ダンジョン』日本でのスピード展開はなぜ実現したのか…ケイブの開発メンバーが語る国内配信への道のり”

ケイブが、2017年11月28日にApp StoreとGoogle Playにてリリースした『ロード・オブ・ダンジョン』。もともとは韓国のEKゲームズが開発し、同国でも2017年春に配信されたばかり。...
Social Game Infoより引用

”「有志翻訳を合法的に進めるヒントは著作権者の許諾をもらいに行くことに尽きます」―著作権法の専門家・小倉秀夫弁護士インタビュー【有志日本語化の現場から】”

今回は著作権法に詳しい弁護士に有志日本語化の法的な位置づけについて話を訊きました。有志翻訳者同士が法律論議を行うこともありますが、専門家は有志日本語化をどう見るのでしょうか。
Game Sparkより引用

”『ファイナルファンタジーXIV』ローカライズチームインタビュー!前編”

全世界累計登録アカウント数が2000万 (※)を突破しているMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』ですが、この規模のユーザーベースを支える背景には様々な言語へのローカライズ対応があります。 今回FFポータルでは『FFXIV』のローカライズチームにインタビューを実施し、英語、フランス語、ド...
FINAL FANTASY PORTAL SITEより引用

”『FF14』「7年分以上のMMOコンテンツをプレイして全部暗記しといて」なんて無茶振りもポロリ?貴重なローカライズチームのインタビューが興味深い”

INSIDEより引用

”「Halo 5: Guardians」フランチャイズディレクターFrank O’Connor氏インタビュー”

GAME Watchより引用

”壁ドン部長がヒーローになった日──海外事業推進の立役者、仲間との3年間の挑戦”

サイバードには、「CYBIRD TOP HERO」という、社のVMVを体現し、半期で最も実績を挙げた社員へ贈られる賞が存在します。2018年度のTOP HEROを受賞したのは、海外事業部・北米エリア部長の倉増ひろと。「常にお客様の近くに」を自らが体現する、倉増の挑戦の軌跡を振り返ります。
SYBIRDより引用