プランナー一覧

”“ポケモンワンダー”仕掛け人たちに聞く、新機軸の遊び。ポケモン×自然×冒険で得られる体験は人々に何をもたらすのか?”

7月1日に情報が公開された、現実世界の自然の中でポケモンを探す新たなアクティビティ“ポケモンワンダー”。その仕掛け人であるポケモンの津田明子氏、SIXの本山敬一氏、RIDDLERの藤本海右氏に話を訊いた。
ファミ通.comより引用

”超ドラゴンクエストXTV#25 バージョン5.5[後期] 最新情報”

今回の「超DQXTV」は、ゲストに声優の伊東健人さん、ランズベリー・アーサーさんをお迎えしてお送りいたします。ディレクター安西さんによる情報コーナーでは、「ドラゴンクエストX いばらの巫女と滅びの神 オンライン」最終章バージョン5.5の最新情報をたっぷりとお届いたします!また、最終決戦前のプチ特集として、...
スクウェア・エニックスより引用

”「ハースストーン」最新拡張パック「風集うストームウィンド」では,アライアンスにフォーカス。開発者インタビューをお届け”

 Blizzard Entertainmentが,2021年8月4日にリリースする「ハースストーン」の最新拡張「風集うストームウィンド」について,Alec Dawson氏とChadd Nervig氏にインタビューを行った。WoWの主要都市をテーマにした本拡張はどのようにしてコンセプトが練られたのだろうか。
4Gamer.netより引用

”【インタビュー】『ジャンプチ』収録タイトル数が100作品を突破! 集英社編集部&LINEプロデューサーがゲームに盛り込んだ“ジャンプらしさ”とは”

『週刊少年ジャンプ』50周年の記念作品であるスマートフォン向けゲームアプリ『ジャンプチ ヒーローズ』(以下、『ジャンプチ』)。本作では、『DRAGON BALL』の孫悟空や『ONE PIECE』のルフ...
Social Game Infoより引用

”FINAL FANTASY XIV: The 7th 14-hour Broadcast”

- 日時2021年7月10日(土)10:00頃より放送内容の詳細は以下のトピックスをご確認ください。 ScheduleFrom Friday, July 9 at 6:00 p.m. (PDT) / Saturday, 10 July at 1:00 (GMT)Read...
FINAL FANTASY XIVより引用

”20歳の若さでヒットを飛ばし独立するも、社長業に追われゲーム作りから離れてしまい、「一緒にゲームを作ろう」と志を共にした親友とも決別。ゲーム会社の社長なのに10年近くゲーム制作から逃げていたが、海外ファンからの熱いラブコールに押され、齢57にしてUnityもバリバリ使いこなし現場の第一線に復帰した開発者の話”

ファミコン以前のアーケード時代から第一線で活躍を続けると同時に、黎明期からゲーム開発会社の経営者として業界を戦い抜いてきたゲーム開発者である西澤氏は、50歳を超えた現在もなおフリーランスのゲームクリエイターとして、自らUnityを用いてゲーム開発を行っている。そんな西澤氏の40年に渡るゲームクリエイター人生の紆余曲折に...
電ファミニコゲーマーより引用

”祝30周年!聖剣放送”

番組概要2021年6月28日に誕生から30周年を迎える「聖剣伝説」シリーズ。「聖剣伝説」シリーズの生みの親である石井浩一さんをゲストにお招きし、30周年をお祝いする生放送をお届けします。1991年に発売された『聖剣伝説 -FF外伝-』から、6/24(木)発売の最新作 HDリマスター版『聖剣伝説 レジェンド オブ ...
スクウェア・エニックスより引用

”ブロックチェーン技術を用いたゲームについて解説します”

これから来るブロックチェーン技術を用いた、当時最先端のゲーム開発を行っていたプランナーの具志堅さんと一緒にブロックチェーンや仮想通貨を絡めた技術について語り合いました。----業界歴39年。借金17億から最高月収4.3億へと人生逆転した稀代のゲームプロデューサー岡本吉起が、ビジネスにも応用できるヒット論や資産家と...
世界の岡本吉起Chより引用

”『モナーク/Monark』開発者インタビュー。豪華クリエイター陣がエゴと狂気の学園RPGの誕生秘話を語り尽くす!”

フリューの林風肖氏とランカースの星野光弘氏を中心に、著名なクリエイターが多数参加して開発が進められている学園RPG『モナーク/Monark』。この豪華メンバーの布陣は、どのようにして実現したのか。メインスタッフが一同に介したオンラインミーティングの場でインタビューを実施した。
ファミ通.comより引用

”一画面高難度2Dアクション『Sunblaze』―YouTube動画を見て、次々と変化していく部屋の中で展開する高難度の2Dアクション、というアイデアが生まれた【開発者インタビュー】”

GameSparkより引用