稲葉敦志一覧

”若手には「神谷ぶっ潰す」と思ってほしい! 28歳の若きディレクターが指揮したプラチナゲームズ新作『World of Demons – 百鬼魔道』の開発について聞いたら、「アクションゲームの正解」を求め続ける職人集団っぷりが垣間見えた”

電ファミニコゲーマーより引用

”PLATINUMGAMES TOKYO 採用メッセージ”

ゲーム開発スタジオ「プラチナゲームズ株式会社」の公式サイト。代表作:『ASTRAL CHAIN』、『NieR:Automata』、『BAYONETTA』シリーズ、『The Wonderful 101: Remastered』など。最新作『World of Demons – 百鬼魔道』が、Apple Arcade で配信...
PLATINUMGAMES TOKYOより引用

”今明かされる開発秘話・・・『METAL GEAR RISING』開発陣インタビュー”

『METAL GEAR』シリーズ初の外部開発タイトルとなるPS3用ソフト『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』が、2月21日に発売されました。完成までに紆余曲折あった本作について、小島プロダクションの是角有二氏、玉利越氏、プラチナゲームズの稲葉敦志氏、齋藤健治氏にインタ
GameSparkより引用

”FOX ENGINEを使った『MGS GROUND Zeroes』初披露 ― 「METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY」レポ(後編)”

コナミデジタルエンタテインメントは、『メタルギア』シリーズ25周年を記念した「METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY」を東京・ミッドタウンで開催しました。イベントの後半をお届けします。
INSIDEより引用

”満を持して『メタルギア』映画化、小島監督が語る25周年の思い ― 「METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY」レポ(前編)”

コナミデジタルエンタテインメントは、『メタルギア』シリーズ25周年を記念した「METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY」を東京・ミッドタウンで開催しました。
INSIDEより引用

”【特集】プラチナ稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの”

編集部は、京都BitSummit会場で、同社の取締役であり開発本部長 チーフクリエイティブオフィサーの稲葉敦志氏にインタビューを実施。
GameSparkより引用

”【TGS2014】稲葉敦志氏と神谷英樹氏がXbox One「Scalebound」について語る”

GAME Watchより引用

”ゲーム業界人に訊く2020年の振返りと2021年の抱負【年頭所感】”

GameSparkより引用

”【GDC 2016】プラチナゲームズ稲葉氏が語るアクションゲームの開発哲学”

米サンフランシスコで開催されたGDCにて、プラチナゲームズの稲葉敦志氏によるアクションゲーム開発のセッションが行われました。
GameBusiness.jpより引用

”プラチナ稲葉氏がプロデューサー業や独立の難しさ語る―ビットサミット講演レポ”

京都インディーゲーム祭典「BitSummit 2015」2日目のステージイベントに、プラチナゲームズのプロデューサー稲葉敦志氏が登壇。大勢のギャラリーが見守る中、ゲーム開発現場におけるプロデューサーという仕事の役割や、会社から独立する難しさを語りました。
GameSparkより引用